不登校で辛いのは誰?

子供と親・それぞれの悩み

子供が学校に行かなくなると、子供だけでなく親も深い悩みに襲われます。

  • どうして学校に行かなくなってしまったんだろう
  • いつになったら学校に行くんだろう
  • 何が原因でこうなったんだろう
  • この子の将来はいったいどうなってしまうんだろう
  • こんな自分は親として失格ではないか…
  • 義務教育なんだから、首に縄を着けてでも投稿させた方が良いのではないか?

こんな思考性になってしまい、寝ても覚めても子供のことが頭から離れなくなってしまうこともあります。

それは親が子供を心配するが故の、当たり前の思考性ともいえますが、ともすると忘れがちになってしまうのは、子供側の気持ちです。

不登校の当事者は、子供です。
親ではありません。

その当事者の子供たちは、こんな風に思っているかもしれません。

  • 自分が不登校になるなんて思ってもみなかったし…
  • どうして学校にいけないのか、本当の原因が自分でもイマイチよく分からないけど、もうそんなことどうでも良くない!?
  • 自分のことで親に心配をかけてしまって悪いという気持ちが少なからずあるんだよね…
  • 不登校ってそんなに大変なことなの?と思うこともある
  • 友達には会いたいけど、学校の中にいるのはすごく嫌
  • リストカット!?そんなのどうでもいいでしょ!と思う自分と、気づいてよ!と思う自分がゴチャゴチャしている
  • なんかとにかく寂しい…
  • 学校に行かなくなってから、親の態度がおかしい、何か変だ

今まで実際に私が見聞きしたことですが、案外親が思う以上に、自分が学校にいけない理由がイマイチ分かっていなかったり、そのことを親に対して申し訳ないと思う気持ちも持っていたり、そうかと思えば、実はさほど深刻に思いつめている訳でもなかったりすることもあるのです。

ところが親は、子供を心配するあまりに、子供の気持ちからだんだん離れたところでたくさんの不安を作り上げてしまいます。
その不安を消そうとせんばかりに、必死に子供にあの手この手でアプローチします。

  • カウンセリングをすすめる
  • 児童精神科を受診させる
  • 睡眠障害の外来を受診させる
  • 腹を割って話そうとする

こういったアプローチは、私も全て行ってきたことですが、どれも子供にとって効果があったことはほとんどありませんでした。

それは一体どうしてでしょうか?

辛い時自分ならどうして欲しいか

不登校のお子さんのことに限らず、もしあなた自身が辛い時、悩んで苦しんでいる時に、周りの人や親しい人にはどんなふうにしてもらいたいと思いますか?

次々とカウンセリングをすすめて欲しいでしょうか?
次々と病院をすすめたり、勝手に予約を取ったりしてほしいですか?

答えはNOですよね。

きっと辛い時には、

  • 気持ちを分かってほしい
  • そっとしておいてほしい
  • いつもと同じように振舞って欲しい
  • 気を使わないでほしい
  • そのことにはしばらく触れないでほしい

こんな風に思うのではないでしょうか。

自分が辛い時にこうして欲しい、という気持ちは、大人だって子供だって同じじだと思うのです。

今は全く病院に行く気が無いのに、「行った方が良いよ」「行くべきだよ」などとすすめられたら、有難迷惑ですよね。

それでも、子供は親に従わなければいけないという思考性もしみついているので、渋々ついてきたり、または良い子を演じて頑張って付いて来てくれたりしてしまうのです。

学校に行きたくないと言っているのに、無理やり引っ張って連れて行くのと同じようなことを、してしまっているかもしれませんね。

もちろん、私もこれらのことを全て実践してしまった、失敗談からお話しているのですが。

本当のコミュニケーションって何だろう

コミュニケーションという言葉は、当たり前のように使われていますが、本当にちゃんとコミュニケーションが取れている人たちがどれくらいいるのでしょう。

しかも、社会におけるコミュニケーションではうまくできるのに、家族とのコミュニケーションがうまく取れないという人たちがいかに多いか、過去の私も含めてですが、日本中の家族がコミュニケーション不足と言っても過言ではないと思うのです。

私が思う本当のコミュニケーションとは、次のようなものです。

  • 今の気持ちを感情を入れずに伝えることができる
  • 余計な情報を付け加えずに端的に伝えることができる
  • 伝えられたことに対して良し悪しをつけない
  • 過去の体験に基づいて相手の状態を量ろうとしない
  • 相手に好かれようとしない状態で伝えることができる

子供のことで(その他の悩みでもそうですが)悩んでいる親は、どうしても、

  • 学校のことを話題に出すと子供が動揺するかもしれない
  • 子供に対して良い親でありたい、良く評価されたい=子供に好かれたい
  • 嫌な大人だと思われたくない
  • あなたのことを一番心配していると分かってほしい(親が求めている)

こんな思考性になっていることが多く、その状態では、私が考えているような本当のコミュニケーションを取ることは無理に等しいのです。

親が、子供に良い人に思われたいとか、良い親でありたいとか、常に子供の反応を気にして動揺しているようでは、自分の本当の気持ちを伝えることなんてできるわけがありません。

不登校になってしまった、自分の育て方が悪かった、そんな風に親が自分の育て方に自信を無くしているということは、親は親自身を信用していないことになってしまいます。

自信のない人の話を聞く人がいるでしょうか?

自信のない人と、積極的にコミュニケーションを取ろうと誰が思うでしょうか?

目の前におどおどしている人と、自信満々の人がいて、夫々に話しかけられたら、自分の本音を話しても良いなと思うのは、どちらの方でしょうか。

相談を受けるにあたり、こういった親の思考性を強く感じるのですが、その根底には、親の自己肯定感の低さが関係していることが多々あります。

そんな親御さんたちの自己肯定感の低さを改善することで、お子さんとも理想的なコミュニケーションを取ることができるようになることを祈っております。

この記事が気に入ったら
是非ポチっとお願いします
 ↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ


にほんブログ村

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルカウンセリングへ

段落


にほんブログ村